地域支援

親子教室、ボランティア、家族会など

のびのび運動広場 in しあわせの村
発達の気になる児童(小学校1、2年生)を対象に運動教室を実施しています。
体を動かす楽しさの経験から、運動への意欲や達成感を持てる機会を提供しています。
月1回、学生が子ども達と関りながら一緒に運動プログラムに参加しています。

詳しくはこちらをご覧ください。


病棟保育 ボランティア
神戸市立医療センター中央市民病院の小児病棟で病棟保育ボランティアを行っています。
毎月1回、入院している学生と一緒に子ども達と遊んでいます。


発達支援教室すまいる・ぽっとらっく ボランティア
神戸市発達支援モデル事業・神戸大学保健学科地域連携センター支援事業ぽっとらっくで子ども達と遊ぶボランティアを行っています。


発達の気になる子どもを持つ親のグループピアカウンセリング
毎月第2土曜日の10:30-12:00にきたすま障害者相談支援センター(旧すま障害者地域生活支援センター)で行っています。子育ての悩み事、保育園、学校での困りごと等を保護者同士で話しています。

2021年度案内チラシ

ご興味がある方は下記までご連絡ください。

きたすま障害者相談支援センター(旧すま障害者地域生活支援センター)
神戸市須磨区中落合2-2-8ワコーレステーションマークス1階
<TEL>078-795-1453
<FAX>078-795-1454

DCDの子どもと家族の会
発達性協調運動障害(DCD:Developmental Coordinate Disorder)の子どもと保護者のための家族会を運営しています。詳しくはこちらをご覧ください。


HSC/HSP家族の会
HSC: Highly Sensitive Child、HSP: Highly Sensitive Personの家族の会を運営しています。詳しくはこちらをご覧ください。