オンライン授業をやってみてわかったこと 準備編

オンライン授業をやってみてわかったこと 準備編

準備編
まず、オンライン授業という言葉ですが、私はSkypeなどを使った遠隔授業がそうだろうと思っていました。しかし、定義は様々で大きく分けて2種類あることがわかりました。


A.オンデマンド型(非同期型)
学生がオンライン上の授業のページにアクセスし、教員がアップロードしておいた資料(テキスト、プリント、授業を録画した動画、ホームページへのリンクなど)や教科書(学習するページを指示)で個別に学び、教員が提示した課題に取り組む。

B.同時双方向型(同期型)
学生が同時にZoomやTeamsなどのWeb会議システムにアクセスし、リアルタイムかつ双方向に授業を行う。


まず、自分の授業をAとBのどちらの方法で行うか、決める必要がありました。そのためには自分の授業のがどちらに適しているか、またどのようなツールが使えるかがポイントでした。

私が担当している授業は、150人前後の講義科目と40人前後の演習科目、そしてゼミです。最初に、これまでの授業内容を大きく変える必要のない「B.同時双方向型」を検討しました。単純に最も負担が少なく、「環境さえ整えば」すぐに実施できるからです。

Zoom(無料版)を使用すれば、40人の演習科目とゼミは何とかできそうです。ところが、無料版は100人以上参加できません。

そこで、最大250人が参加できるというMicrosoft Teamsを検討しました。Teamsは大変便利ですが、学内では4月の時点で正式稼働をしておらず、限定的な機能で実施するには学生側のハードルが高すぎると考え、当面は使用しないことにしました。

そのため、授業開始までに以下の方針で授業を行うこととし、授業の準備を進めました。

・150人前後の講義科目→ Aオンデマンド型で実施。状況を見てB同時双方向型も検討。
・40人前後の演習科目→5月GW明けまでAで。以降は原則Bで実施。
・ゼミ→4月21日からBで実施。


A.オンデマンド型の準備
オンデマンド型の授業で最もわかりやすいのは、資料や教科書の該当ページを指定して、レポート課題を提出させる方法です。通信教育と同じやり方ですね。

私は非常勤で通信科目も受け持っていますが、通信の方は今回のコロナの影響はほとんど受けていません。ただ、科目修了試験をどうするかという問題はあります。

一方、関学も含めて、ほとんどの大学には授業資料をアップしたり、課題を提出できたり、出欠を確認できるポータルサイトがあります。このサイトを利用すれば、通信教育のような授業の実施は可能です。

そこで、まずは普段の授業で配布している資料を少し修正し、ポータルサイトにアップ、レポート課題を提示、次の授業日の前日までに提出を求めました。通信教育と同じ授業形態です。
また、必ず質疑応答の機会を設ける必要があるので、その点はポータルサイトの掲示板やメールを利用しました。

授業の動画を録画してOneDriveに挙げる方法も考えました。PowerPointだけで動画は作れます。ただ、動画の編集に時間がかかること、ファイルサイズが膨大になることから、すぐの実施は困難と考え、見送りました。


B.同時双方向型の準備
まず大前提として、WiFi環境とWebカメラ、マイク付きのPCが必要です。私はデスクトップを使用したので、ヘッドセットマイクとUSB接続のWebカメラを用意しました。Webカメラにマイクはついていますが、以前、教材ビデオを制作した際、マイクを使用しないと音声がうまく拾えないことを経験していたので、ヘッドセットマイクを使用しました。

これは学生側も同じです。取り敢えずネット環境(できればWiFi)とPC、この2点を履修生が準備できるか事前に確認が必要です。準備できない場合は、個別にオンデマンド型で対応するなどの配慮が必要になります。ただし、ネットもPCもないとなると、オンライン授業は受講できません。

ツールはZoom(無料版)を使用しました。
理由の一つは使い方が「簡単」だからです。準備としては、まず自分がミーティングを開催できるようにするため、Zoomのアカウントを取得します。ブラウザーでもアプリでも利用できますが、私はアプリ版を利用しました。

Zoomはミーティング(Web会議)の部屋をホストがセッティングし、そこに来てもらうという感じです。部屋には鍵がかかっており、パスワードがないと入ることができません。参加して欲しい人、授業の場合であれば学生にパスワードを送るという形です。

学生が参加するのに必要なURL、ID、パスワードは大学の授業科目のポータルサイトに掲示しました。ここは履修登録をした学生しか閲覧できません。

セキュリティーの脆弱性がニュースになりましたが、Zoomのソフトウェアやシステム上の問題は最新版で解決されており、現状の問題の多くはIDとパスワードの流出から生じていることがわかりました。そのため、学生にはミーティングID、パスワードをゼミグループ以外のLINE、Twitter、FacebookなどのSNSに投稿しないよう周知しました。

スマホでもZoomは使えます。ただ、スマホの場合はプランによっては通信料が発生する可能性があるので、WiFi環境推奨です。それが難しい学生には配慮が必要になりますので、やはり事前の確認が必要です。

A.オンデマンド型、B.同時双方向型を4月21日から実際にやってみた結果については、【実践編】にアップしていきたいと思います。

オンライン授業をやってみた 実践編

過去の活動報告
2019年度
2018年度